設置管理者のみなさまへ

  • ホーム  > 
  • 設置管理者のみなさまへ
 

よくあるご質問

よくあるご質問
 
貯水槽って何ですか?
 ここでいう貯水槽とは、飲料用の貯水タンクのことです。ビル、マンション、アパート、学校、病院など多くの建物の地上や屋上に設置されています。一般的には地上に設置されている「受水槽」と、屋上に設置されている「高置水槽」の大きく2種類があります。
 水道水は、受水槽にいったん貯められ、その水をポンプで屋上にある高置水槽にくみ上げ、各階に給水管を通じて「蛇口」へと運ばれます。この給水方法が一般的ですが、高置水槽を設けないで給水する圧力給水方式もあります。
 
  詳しくは、〔知って得する貯水槽の話〕の「貯水槽水道」をご覧ください。
 
貯水槽は必ず清掃しないといけませんか?
はい。
 法的な根拠として、国の法律「建築物の衛生的環境の確保に関する法律(略称:建築物衛生法)」や「水道法」があります。そのほか新潟県では県や市の指導要綱を設けています。
 
 まず「建築物衛生法」では、特定建築物(興行場、百貨店、店舗、事務所、学校、共同住宅等)で延べ面積3,000㎡以上(学校は8,000㎡以上)の所有者、設置・管理者等は、「建築物環境衛生基準」に従って維持管理しなければならないと規定されています。また、特定建築物以外の建物も、これに準じて維持管理に努めなければならないと定められています。
 「建築物環境衛生基準」には、貯水槽の清掃等維持管理や水質検査に関して細い規定があります。
 
 また「水道法」は、貯水槽の有効容量が10㎥を超えるもの(簡易専用水道)は、年1回の定期的な貯水槽の清掃と清掃後の水質検査を義務づけています。一方、有効容量10㎥以下のもの(小規模貯水槽水道)は、新潟県の場合、県や市の衛生管理指導要綱に同様の規定があります。
 
 詳しくは〔開いて役立つ貯水協の窓〕の関係法令をご覧ください。
 
 
 
貯水槽の清掃や水質検査の作業は、どんな流れで行われますか?
 ここでは簡単に作業の手順(流れ)をお示しします。
 
<作業手順>
  ①事前点検…施設全体の外観や内部の状況を事前に点検し、異常の有無を目視で確認
     ↓
  ②槽内排水…水槽内に張った水を完全に排水し、槽内点検及び清掃前の写真を撮影
     ↓
  ③内部清掃…高圧洗浄機等で天井、壁、床等全面を洗浄し、使用水を排水、清掃後の写真を撮影
     ↓
  ④内部消毒…清掃後、消毒液を使って30分づつ2回、通算1時間の消毒
     ↓
  ⑤水張り・最終点検…消毒水排水後、水張りを開始し、機器等の作動状況など施設全体の最終点検
     ↓
  ⑥簡易測定・検査…清掃業者が、残留塩素濃度を測定し、濁り・色・臭いなどの異常を確認
     ↓
  ⑦水質検査…清掃後、速やかに水質検査機関が採水・検査を実施
     ↓
  ⑧実施報告書の作成…清掃実施報告書作成し、水質検査成績書を添付の上、設置者や当協会に提出
   (協会は、水道局等行政機関へ報告書の提出を代行)
 
 
  詳しくは〔開いて役立つ貯水協の窓〕や〔知って得する貯水槽の話〕の作業手順をご覧ください。
    
    
 
 
時間や費用はどれくらいかかりますか?
 清掃の時間は、規模や構造等により異なりますが、通常、受水槽1基であれば半日、高置水槽併設の場合でも1日あれば十分できるでしょう。
 清掃後は速やかに(協会としては原則48時間以内)、協会指定の水質検査機関が採水し、検査をしますが、平日であれば、清掃日の翌日に採水するようお願いしています。なお検査結果が出るまで一週間程度は必要です。
 
 当協会(会員)がお引き受けする場合の料金についてですが、清掃料金は、基本料金(総容量10㎥まで)は1基当たり受水槽が43,200円(消費税込)、高置水槽は同じく46,440円(消費税込)です。10㎥を超える場合は、その容量に応じて加算し、協会の標準料金としています。
 
 また、水質検査料金について、協会が指定する検査機関の場合、建築物の一般検査(検査12項目)は1件当たり9,000円に消費税を加え9,720円となっています。
 
 そのほか、諸経費や報告代行手数料等の費用もかかります。
 
 当協会にご依頼があればいつでもお見積りいたしますので、ご気軽に相談ください。
 
 
 詳しくは〔開いて役立つ貯水協の窓〕の「清掃料金」(早見表付)をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
清掃や水質検査はどこにお願いすればよいですか?
 貯水槽の清掃は、信頼と実績を誇る当協会の会員にお任せいただければ安心です。会員は県内各地域におりますので、ここ協会事務局か又は当該地域の各支部事務局に直接連絡しても構いません。
 
 水質検査の依頼は、「新潟県貯水槽管理水質検査連絡協議会」の会員にお任せください。
 この協議会は、私ども協会と県内各地域の水質検査機関(7機関)で構成され、清掃から水質検査までの一連の作業を、常に連携協調を図りながら円滑かつ適切に推進しています。
 
 個々の会員については、協会会員名簿及び水質検査機関名簿を、清掃と水質検査の業務の連携については、〔開いて役立つ貯水協の窓〕をご覧ください。
 
貯湯槽も清掃しなければなりませんか?
給湯水等についても、その水が人の飲用、炊事用、浴用その他生活の用に供する目的で供給される場合には、水道水質基準に適合する水を供給することになっており、給湯設備についても貯水槽点検・清掃等適切な維持管理を実施する必要があります。(建築物環境衛生管理基準:厚生労働省)
なお、貯湯槽の清掃料金等ご不明な点はお気軽に当協会にご相談ください。
<<一般社団法人 新潟県貯水槽管理協会>> 〒951-8068 新潟県新潟市中央区上大川前通6番町1201-4 ティーズ第3ビル5F TEL:025-229-9510 FAX:025-229-9512